iGPSPORT サポートページ(センサー類)

このページではiGSPORTのコンピュータに接続するセンサー類について、使用上お困りの際に、まずはご覧いただきたいQ&Aを集めました。トラブルシューティングの際にもお役立てください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スピードセンサー SPD70 / ケイデンスセンサー CAD70

■ユーザーマニュアル
・スピードセンサーSPD70
ケイデンスセンサーCAD70

Q 
SPD70/CAD70がサイクリングコンピュータ・アプリに接続できない場合
SPD70/CAD70のデータが正常に表示されない場合

A 

まず、お使いのセンサーが正しく取り付けられていることを確認してください。センサーがしっかりと固定され、回転時に接触するものがないか確認してください。

以下の手順・内容をご確認ください。

  1. バッテリーの交換 – バッテリー残量が少ないと、データが正しく送信されないことがあります。通常センサーは2回転すると緑のランプが点灯します。
  2. 接続を確認する- センサーがすでに2つのBluetoothデバイスとペアリングされている場合は、ANT+テクノロジーを使用してペアリングするか、どちらか一方のBluetoothデバイスを削除する必要があります。
  3. 電池の接続を確認する – 電池を取り外した状態で、電池に接触している金属製の突起部を軽く引き上げてください。金属突起部が押し下げられすぎると、バッテリーとの接続がうまくいかないことがあります。
  4. 干渉が起こっていないか確認する‐上記のいずれの方法でも問題が解決せず、LEDが点灯している場合は、以下のような原因で信号が干渉している可能性があります。

■以前にペアリングしたアプリやデバイス:干渉の最も一般的な原因は、以前にペアリングしたアプリやデバイスです。他のアプリやデバイス(以前にペアリングしたコンピューター、電話、時計、APPなどを含む)からセンサーのペアリングを解除し、アプリを強制的に停止したり、追加のデバイスをシャットダウンしてから他のアプリとペアリングすることが重要です。

■物理的な距離:信号強度は、距離が長くなるにつれて低下します。最良の結果を得るためには、お使いのデバイスをRPMセンサーから5フィート(約1.5m)以下の場所に置いてください。

■ワイヤレス信号:無線信号や電磁場を発信する機器は、特に干渉を引き起こす可能性があります。SPD70やCAD70がコンピュータやアプリと接続できない場合は、下記の機器より離してお使いください。

・無線ルーター
・無線またはBluetoothヘッドフォン、スピーカー
・自転車用ライト
・ビデオ録画機器(GoProなど)
・ワイヤレスビデオレシーバーまたはトランスミッター(Chromecast、AirPlay、Rokuなど)
・扇風機(特に工業用等、大型のもの):デバイスとセンサーの間に置かないでください。
・コードレス電話機
・衛星放送・ケーブルテレビ
・電子レンジ
・電源(送電線、ボックス、壁の中の電線など)
・ワイヤレスマウス/キーボード
・特定のテレビ(特にWiFiスマートテレビ)またはモニター
・ラジオやベビーモニターなど、無線信号を送信できるもの

  1. 物理的な障壁、金属製の机、カウンター、さらには人体も信号品質を低下させる原因となります。

これらの影響を受けている場合は、問題のある機器をアンインストール、無効化、またはシャットダウンしてください。また、センサーを干渉源から離れた場所に設置するか、完全に別の環境に移してみてください。

それでも問題が解決しない場合は、以下の情報をご準備の上、購入販売店にご連絡ください。

  1. カバーの下部にあるシリアルナンバーをご提示ください。
  2. 新しい電池に交換して点灯するかどうかを確認する動画をご提示いただく事があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハートレートモニター HR40 / HR60

■ユーザーマニュアル
ハートレートモニター HR40
ハートレートモニター HR60
HR40

Q HR40の心拍数データが異常な値を示す

A デバイスが高い心拍数のスパイクを表示したり、不規則に低い心拍数を表示する場合、いくつかの問題が考えられます。下記の不安定な心拍数データを解消するためのヒントを参考にしてください。

・センサーとコンタクトパッチに水をかけてください。
・モジュールが正しく配置されていることを確認してください。左側は体の左側に配置してください。
・ストラップの長さを自分の胸に合わせて調整し、ストラップが体から滑り落ちないようにしっかりと装着します。
・iGPSPORTのロゴが上になるように、HRMを横か後ろに置き、コンタクトパッチが肌にしっかりと触れるようにします。
・アクティビティの前には、5~10分間のウォームアップが必要です。
・綿のシャツを着たり、シャツを濡らしたりしてください。合成繊維はHRMと擦れたり、はためいたりして静電気を発生させ、HR信号を妨害する可能性があります。
・高圧送電線、電子レンジ、2.4GHzコードレス電話、その他のワイヤレスアクセスポイントなど、強い電磁場や2.4GHzワイヤレスセンサーを避けてください。

■心拍数データが不安定になるその他の考えられる原因【重要】
プレミアムHRMの不適切なお手入れは、損傷を引き起こす可能性があります。
心臓のβ遮断薬などの薬や、ペースメーカーや植え込み式心臓除細動器などの機器は、HRMの測定値に影響を与える可能性があります。
この可能性については、医師に相談し、解決策を検討してください。

注:モジュールが取り外せるタイプのHRMの場合、使用後は定期的にモジュールを洗浄して乾燥させ、錆や腐食の蓄積を防いでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HR60

Q HR60の心拍数データが異常な値を示す

A デバイスが高い心拍数のスパイクを表示したり、不規則に低い心拍数を表示する場合、いくつかの問題が考えられます。下記の不安定な心拍数データを解消するためのヒントを参考にしてください。

・ストラップの長さを調整し、上腕または下腕から滑り落ちず、また圧迫感を感じるほど締め付け過ぎない程度に固定します。
・高圧送電線、電子レンジ、2.4GHzコードレス電話、その他のワイヤレスアクセスポイントなど、強い電磁場や2.5GHzワイヤレスセンサーを避けてください。

■心拍数データが不安定になるその他の考えられる原因【重要】

心臓のβ遮断薬などの薬や、ペースメーカーや植え込み式心臓除細動器などの機器は、HRMの測定値に影響を与える可能性があります。
この可能性については、医師に相談し、解決策を検討してください。

注:使用後は定期的にモジュールを洗浄して乾燥させ、錆や腐食の蓄積を防いでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q HR60の電源が入らない

A HR60の電源が入らない場合は、以下の内容を確認してください

1 デバイスの充電量が不足している場合は、少なくとも20分間デバイスを充電してください。
2 デバイスが充電中にライトが点滅するかどうかを確認します。それでも動作しない場合は、以下の情報を添えて購入販売店へご連絡ください。

1 購入を証明できるもの(レシート・領収書等)
2 購入日
3 センサーID(メインボードの下部に表示)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iGPSPORTトップ
about iGPSPORT
サイクルコンピュータ
センサー・アクセサリ類
iGPSPORTサポートページ(本体&アプリ) 
保証規定

PAGE TOP

Powered by WordPress | Designed by: wordpress themes 2011 | Thanks to Best WordPress Themes, Find WordPress Themes and