Favero ASSIOMA

パワーメーターとは、ペダルを踏みこんだ力を測定して、パワーを数値化する機器です。取り出された数値はW(ワット)の単位で、乗り手にリアルタイムな出力を知らせてくれるものです。力のかけ方や左右のペダリングバランスの解析に役立つので、なくて七癖の無意識なアンバランスをあぶりだし、自分のパワーがいかに推進力に変換されているかを把握できるわけです。

Favero Electronics(ファベロエレクトロニクス)社は、30年以上にわたり、スポーツ電子機器のデザインから製造までを手掛けてきたイタリア企業です。同社は現在、110か国に対してスポーツ電子機器を販売していますが、近年注目を集めているのが、サイクリング用に開発したペダル型パワーメーターの“ASSIOMA(アシオマ)”。商品構成は“DUO”と“UNO”のシンプルな2種類で、違いは読んで字のごとく、パワーメーターが左右ペダルに組み込まれたDUO、左側のみのUNO。(イタリア語でDUOは2、UNOは1を意味します)。

ASSIOMA DUO

ASSIOMAの装着に特別な工具は不要で、瞬間的なパワーの角度と速さを割り出すIAV(Instantaneous Angular Velocity)テクノロジーによって、IAVパワーフェイズ・IAVライダーポジション・左右パワーバランスなどを高い精度で測定します。ペダリング中は常にIAVを計測して数値化してくれるので、ペダリングが不安定になりがちな上り坂でのスプリント、また楕円のチェーンリングを使用した際も正確な数値を計測します。

あらゆるシーンにおいて高い精度で計測を行う、パワーメーターとしての基本性能に優れていることが最大の特徴ですが、DUOの左右ペア重量がわずか303gであることも忘れてはいけません。

では価格はどうでしょう。UNOで56,100円、DUOで88,000円(ともに税込)。この価格は市場に出回るパワーメーターのなかでも、突出してリーズナブルです。

新機軸を取り込んだ機器は、得てして高額な製品となるものです。しかしどの世界にも、性能や価格面で従来品をブレイクスルー製品が登場するものです。彗星のごとく現れたFavero ASSIOMAがまさにそうで、精度、耐久性、サービス性、軽量性、そして価格面でこのカテゴリーをリードする製品となりました。その精度はインドアトレーニングでも発揮され、世界中のZWIFT愛好者からも高い評価を得ています。

ASSIOMA DUO

両側のペダルにパワーセンサーを装備 販売価格:¥88,000(税込価格)

ASSIOMA UNO

左側のペダルにパワーセンサーを装備 販売価格:¥56,100(税込価格)

Upgrade Kit

UNO を DUO へアップグレード 販売価格:¥55,166(税込価格)

付属品(DUO・UNO)

専用赤色クリート2個(フロート角6度)、8mm六角レンチ1本、ペダルワッシャ4個、充電アダプター、充電用コード、充電用コネクター、取扱説明書、保証書

仕様

特徴 
無線プロトコルANT+ PWR(CT + PO)プロファイル、Bluetooth v4.0
転送データパワー(watt)、ケイデンス(rpm)、L/Rバランス%(Assioma DUOのみ)、トルク有効性(TE)、ペダル円滑度(PS)
最大パワー2000W
L/Rバランス0~100%(Assioma DUOのみ)
最小~最大ケイデンス10~190rpm(一部サイクルコンピュータでは30~180rpm)
パワー計測精度±1%
ケイデンスセンサー内蔵
内部バッテリー充電式リチウムバッテリー、50時間稼働
USB充電ダブル充電器(左右同時充電可能)
センサーを含む総ペダル重量151.5g
センサーを除くペダル重量130.3g
ペダルアクセル材料AISI 630 H900ステンレス鋼
ペダルアクセルねじ切り9/16″-20 TPI
ベアリングNo.3密閉式カートリッジベアリング
動作温度-10 ⁄ +60°C
バッテリー充電温度+5 ⁄ +40°C
保護等級IP67
認証CE、FCC、PSE、AUS/NZ、KC、RoHS、ANT+、BLE
互換クリートFAVERO 赤色クリート、黒色クリート、LOOK Keoクリート(オリジナル ⁄ Grip対応)
乗車最大体重120kg
保証2年

PAGE TOP

Powered by WordPress | Designed by: wordpress themes 2011 | Thanks to Best WordPress Themes, Find WordPress Themes and