about KOO

ヘルメットでお馴染みのKASK社。

その創業は2004年で、フレームメーカーや用品部品など自転車に関する古参ブランドひしめくイタリアのメーカーにあって、KASKは若い会社です。KASKが急成長した理由のひとつは、チームスカイ(現イネオス・グレナディアーズ)との関係構築であり、世界のトップチームとともに作り上げたヘルメットによって、KASKの自転車用ヘルメットは一躍有名となりました。

この経験を基に、KASKは2016年に新たな一歩を踏み出します。

KASKヘルメットとデザインの調和を目指して、新たなアイウェアを生み出したのです。

それがKASKの手掛けるアイウェアライン、KOO(クー)です。

KOOのファーストプロダクトであるOpenは、当時のプロコンチネンタルチーム「ドラパック・プロサイクリング」とイタリアU23エリート「チーム・コルパック」との共同開発を行い、2016年のツアー・ダウンアンダーでデビューしました。

2018年にはアンバサダーとしてグランツール優勝経験のあるアルベルト・コンタドールとイヴァン・バッソを迎え、現在はUCIワールドチームの「トレック・セガフレード」がKOOを使用しています。

KOOはKASKヘルメットと同じく最高水準の開発および製造工程を経て、一貫した品質と安全性を確保するために厳格なテストが行​​われています。そしてアイウェアにおいて最も重要なレンズには、比類のない視界と保護を実現するため、業界をリードするZEISS社製レンズを採用。更に、前述したワールドツアーサイクリングチームを含む世界中のエリートアスリートたちの意見を製品に落としこむことで、あらゆるレースと天候に対して最適なサングラスを製造します。

そして、KOOの使命はイタリアの優れた技術と素材、象徴的なデザインを融合させて、イタリアで設計および生産される最先端のプロダクトを市場に提供することです。

そして2020年8月。KOOは新たなブランディングを発表しました。

印象的なクールブルーのモチーフに移行したブランドカラーは、自然の空と海の鮮明な透明度をイメージ。アウトドアから得られる自由な感覚との繋がりを引き出し、青い空と海の開放的な広がり、そして我々が愛するスポーツを追求することから得られるインスピレーションと喜びを物語っています。

これからの、KOOのエキサイティングな展開にご期待ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

KOO トップ
Edge
Open
Open Cube
Orion
California
Spectro
Demos
サングラス・バイクマウント
サイズチャート

PAGE TOP

Powered by WordPress | Designed by: wordpress themes 2011 | Thanks to Best WordPress Themes, Find WordPress Themes and