2020 ミッドシーズンモデル

例年、ジロやツール限定モデルをはじめ、ユーザーがちょっと驚くようなモデルをシーズン途中で投入するselleITALIA。だいたい2大ツールを目がけてリリースするのですが、今年は状況が大きく異なります。依然としてイタリアをはじめヨーロッパ諸国は余談を許さない状況が続いていますが、サドルを作り続けて120余年、誇り高きselleITALIAは、種類こそ少ないですが、今年もミッドシーズンモデルを投入してまいりました。弊社がユーザーの皆さまにご紹介できるのは2モデルだけですが、どちらも自信をもってお勧めできるモデルです。

ひとつめですが、ついに、とうとう、あのモデルにもショート化のメスが入ります。それはselleITALIAの至宝、FLITE。そう、流行のショートサドルにおいて、selleITALIAの主要モデルのなかで唯一ショートサドルを展開していなかった、FLITEのショートサドル“FLITE BOOST”の誕生です。

ショートサドルの誕生には諸説ありますが、TTモデルの派生版という考え方があります。前乗りポジションで、中~高度のパワーをコンスタントに要する乗り方に適したサドルとしてロードバイク用にも展開したところ、瞬く間に多くのサイクリストから支持を得られました。とりわけパワフルなペダリングを得意とするライダーから喜ばれ、全長で20~30mm短くなったことで軽量化のオマケつき。ショートサドルが世界中のサイクリストへ浸透したタイミングを見計らってリリースされたのがFLITE BOOSTです。

ノーマルのFLITEから27mm切り詰められたフォルムは、バランスが取れたルックスで、あまり短さを感じさせません。FLITEの伝統である広い座面もそのままですが、従来は平らであったサドル後半の座面が、わずかに湾曲していることは、FLITEを使い慣れた「FLITE尻」のライダーには気になるところかもしれません。また、製品の演出としてFLITE BOOSTに施された新しい化粧にも注目です。それはロゴ。しかもFLITEとselleITALIAのロゴが、ともに新ロゴへとアップデートされたのは、往年のファンも大いに気になるところだと思います。

FLITE BOOST TM SUPERFLOW

販売価格:¥15,000(本体価格)
ノーマルのFLITEから27mm切り詰められたフォルムは、バランンスが取れたルックスで、あまり短さを感じさせません。FLITEの伝統である広い座面も基本的にそのままですが、サドルの後半部がわずかに湾曲していることが新時代のFLITEを予感させます。信頼と実績のマンガネーゼレール採用によりコストを抑えた、トップの開口部が大きなスーパーフロー形状モデルです。
重量:230g
サイズ:S 135×248mm(Sサイズのみの展開)
レール素材:Manganase Tube(7mm)
トップ素材:Soft-Tek
カラー:Black
idmatch S3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FLITE BOOST TM

販売価格:¥15,000(本体価格)
selleITALIAの象徴的なモデル、FLITEのショートバージョン。こちらはトップに開口部を持たないモデルです。サドル後部に若干の湾曲が見られますが、ひと目でFLITEと認識できるルックスは、全長が27mm短くなっても健在。クラシックな「フラット」シートを維持しながら、ショートサドルになったことで得たコンパクトで空力的な形状により、快適さとパフォーマンスが向上しています。マンガネーゼレールの採用によりコストを抑えたモデルです
重量:240g
サイズ:S 135×248mm(Sサイズのみの展開)
レール素材:Manganese Tube(7mm)
トップ素材:Soft-Tek
カラー:Black
idmatch S1

GCNによるFLITE BOOST紹介動画(動画中のサドルは弊社が輸入する仕様と異なります)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

selleITALIA 2020 ミッドシーズンモデル、ふたつめはTT/トライアスロンモデルのWATT(ワット)。出力を意味する単語がそのままモデル名になりました。短いサドル全長に対してIRONよりも10mm延長されたレールや、50mm幅のノーズ部分によってIRONよりも前乗りながらポジションの自由度が高いのが特徴です。

WATTもIRONと同様、トップアスリートと一緒に作りだされたモデルで、パトリック・ランゲとBMC-Vifitトライアスロンチームによる厳しいニーズにselleITALIAが応えて誕生した最高のサドルです。空力とペダリング効率に優れ、快適性も抜群なサドルとして誕生しました。

WATTのトップに踊るselleITALIAのロゴも、新ロゴが採用されています。弊社が導入する仕様は、信頼と実績のTi316レールを採用したモデルで、サドルの寸法は130mm×255mmのワンサイズとなります。

WATT GEL SUPERFLOW

販売価格:¥20,500(本体価格)
selleITALIAはトップアスリートの意見を反映させるサドルづくりに長け、WATT GEL SUPERFLOWもIRONMANチャンプとトライアスロンプロチームの協力を得て作られたサドルです。シェルにはゲルパッドが敷かれ、サドル上でポジションの自由度が高く、シッティングでのペダリングが多い競技においてこのうえなく快適で、より高いパフォーマンスを発揮することができます。WATTはトップの開口部が大きなスーパーフロー形状モデルです。
重量:235g
サイズ:133×250mm
レール素材:Ti316(7mm)
トップ素材:Fibra-Tek
カラー:Black
TT/トライアスロン用
idmatch U3

GTNによるWATT紹介動画(動画中のサドルは弊社が輸入する仕様と異なります)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上が、このたび弊社が展開するselleITALIA2020ミッドシーズンモデルの情報ですが、実はこのふたつのモデルを、弊社が誇るアスリートが事前にテストを行っています。簡単ではありますが、ニューモデルの使用感をご紹介いたします。

商品管理課 H.K.(ブルベ・長距離エキスパート)

従来の FLITE は「座面の後方が広く、なおかつフラットである」という印象でした。 ところが、いざ座ってみると「FLITE、性格を変えてきたな」という第一印象。仔細に観察してみると、座面後方の広さは変わりませんが、平らじゃない。 シェルの後方は湾曲して、パッドも肉厚で柔らかい。後ろから見たフォルムは SLR(BOOST ではなくノーマル)に近い印象です。 使ってみても快適性があってコンフォート寄りと感じました。登坂時に腰を引いて後ろ乗りをしてみても、太腿がサドルに触れにくく踏みやすい。 前乗りのポジションでセッティングしても、サドル全長が短い分、実際に座るのは座面の中心なので快適かつ踏みやすいなど、ショートサドルの良さを体感できるとともに、表面上の性格が多少変わっても、FLITE の名が持つ DNA は変わっていないと感じました。

海外業務課 K.K.(トライアスロンエキスパート)

立ち漕ぎがほとんど無いトライアスロンでは、シッティングでの快適性が結果に直結すると思います。 WATT は極端な前乗りとなるエアロポジションにおいても、サドルトップの幅が絶妙。なおかつ先端にも厚みとクッションが確保され、至極快適です。 またハンドルバーを握るポジションで身体が後退した場合も、広範囲に着座できるポジションを選べるので効率的に感じます。 またレールを地面に対して水平にした場合でも、サドルトップは緩やかに前傾して、無駄のないペダリングを体感できます。 このあたりのさじ加減が、パトリックランゲのアドバイスによるものかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

selleITALIAトップ
about selleITALIA
2020 ミッドシーズン
idmatch experienceでサドル選び
サドル選びはidmatch
SLR
SLR BOOST
FLITE
SP-01
SP-01 BOOST
NOVUS
X-LR
IRON EVO
GRAN TURISMO
CLASSIC
SELLE ITALIA MILANO
SMOOTAPE & BARTAPE
SHOCK ABSORBER KIT
アイコンについて

PAGE TOP

Powered by WordPress | Designed by: wordpress themes 2011 | Thanks to Best WordPress Themes, Find WordPress Themes and