KOOのフィッティング

Alberto Contador

KOOのラインアップは4種類。全種類ともスタンダードフィットがサイズのベースで、Open Cubeのみアジアンフィットを選ぶことができます。

また、OpenとOpen CubeにはSサイズとMサイズがあります。

Open Cubeはスタンダードフィット、アジアンフィットともに、SサイズとMサイズを選ぶことができます。



そしてもうひとつ、アイウェアのフィッティングには「レンズカーブ」がポイントとなります。レンズの曲面はカーブと呼ばれ、湾曲の具合により2~8の数字で分類されます。そしてこの数字が大きくなるほど湾曲が大きくなります。スポーツ用のアイウェアは6~8カーブを使うケースがほとんどで、2~4カーブは一般的なメガネのレンズとして使用されます。

スタンダードフィットとアジアンフィットの比較
上がカーブ7のスタンダードフィット、下がカーブ6のアジアンフィット。
(Open Cube Mサイズの比較)

KOOのスタンダードフィットのレンズカーブは7で、アジアンフィットはカーブ6です。スタンダードフィットの方が顔面の両側までレンズが回り込むイメージですが、東洋人にはこのカーブがフィットしにくい場合もあり、KOOは1段階カーブが緩いカーブ6をアジアンフィットとしてOpen Cubeに用意しました。スタンダードフィットでレンズの下部が頬骨に触れる場合は、アジアンフィットをお選びいただけるとより快適なフィット感が得られます。また、2段階に調節可能なノーズパッドや、付属のブリッジノーズパッドによってもフィッティングの調整が可能です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

KOO トップ
about KOO
Open
Open Cube
Orion
California
KOOのフィッティング

PAGE TOP

Powered by WordPress | Designed by: wordpress themes 2011 | Thanks to Best WordPress Themes, Find WordPress Themes and