athlete情報

田崎 友康選手の選択

2017年のニセコクラシック優勝など、社会人レーサーとして活躍する田崎 友康選手(F(t)麒麟山Racing所属)。ヒルクライムを得意とする田崎選手は、「軽量性」と「機能性」をポイントに使用する機材を選びます。

KASK VALEGRO

例えばヘルメット。田崎選手が選んだのは、KASKがTeamSkyとともに開発した傑作、卓越した軽量性と通気性のVALEGROでした。この時期としては記録的な暑さの中で行われた5月26日の新潟選手権でも、ヘルメット内部に熱がこもることもなく、最大のパフォーマンスを発揮。チームメンバーとワン・ツーフィニッシュを決めたそうです(勝利は後輩にプレゼント!)。

selleITALIA SLR KIT CARBONIO FLOW

そしてもうひとつ。今シーズンよりselleITALIAのサドルを使用する田崎選手のバイクにはSLR KIT CARBONIO FLOWがセットされています。トレンドのショートサドルではありませんが、カーボケラミックレール搭載のSLRは125gの軽量性が持ち味。田崎選手の感想は、その軽さがダンシング時におけるバイクの振りを助けてくれるそうで、ヒルクライムレース、そしてロードレースでもご愛用いただいております。

軽量性と機能性をポイントに機材選びをされる田崎選手ですが、選ばれる機材はデザイン性も兼ね備えているのはご覧のとおり。

田崎選手の次戦は、2017年に勝利したニセコクラシック。KASK VALEGROとselleITALIA SLR KIT CARBONIO FLOWが田崎選手を支えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
F(t)麒麟山Racing 女池支部の記録
田崎選手のブログ。トレーニングにおけるストイックな日々や、使用機材についても言及されています。

PAGE TOP

Powered by WordPress | Designed by: wordpress themes 2011 | Thanks to Best WordPress Themes, Find WordPress Themes and